隣接する施設と連携をとりながら、
子どもたちの健康と成長を見守っています。

画像:連携図
ハートクリニック新山口(小児科・発達相談・訪問診療)、メディキッズ新山口(病児保育所)、はあとキッズi新山口、はあとm+M新山口、はあとf+j小郡南(児童発達支援・放課後デイザービス・医療型児童発達支援センター)、はあと保育園新山口(認可保育園)はあと児童クラブ・しらさぎ学級(放課後児童クラブ)の各施設連携
画像:待合室

授乳室が設置されています。母乳外来(要予約)もありますので、是非ご相談ください。保育士が作成した壁面(ホスピタルアート)があり、和やかな雰囲気を感じられます。

画像:病児保育室

クリニックに併設された病児保育室では、保育士3名が対応し、必要に応じて看護師が対応いたします。スタッフがドアの窓越しに「いないいないばあ」をするなど、アットホームな雰囲気で病児保育のお子さまも笑顔が多く見られます。

発達相談外来

新しく発達相談外来を行っています。来院されるお子さまの様子にあわせて、診療室も工夫しています。

訪問診療(小児)

当診療所は、医療型児童発達支援センター、訪問看護ステーションとの連携を行い、小児医療の中心として、小児在宅医療を推進していきます。近年医療技術の進歩によって救える命が増えた一方で、気管切開、経管栄養などの医療的ケアを必要としながら生活している子どもたちが年々増えてきています。2019年11月の山口県における医療的ケア児の実態調査結果報告書によると、山口県の医療的ケア児は約150人もいらっしゃいます。そのような現状の中、当診療所の小児医療、医療型児童発達支援センター、訪問看護ステーションが連携し、地域のお子様を支えるワンストップサービスの拠点エリアとして、「我が子と自宅で普通の生活を送りたい」、「施設や入院生活を送っているが、家に連れて帰りたい」等、ひとり一人のお子様、保護者様の想いを叶えていける小児医療を目指して参ります。

画像:小児の地域包括ケア
小児の地域包括ケア

院内処方

画像:薬袋

2020年6月よりハートクリニック新山口では院内処方を始めました。院内処方のメリットは何と言っても、薬局への移動の手間・時間を省くことができることです。小さなお子様をお連れの場合は、雨の日など特に具合の悪い子を抱えてもう一軒寄るというのは大変なものです。当クリニックでは会計を待つ間にお薬も出来上がり、待ち時間にはキッズスペースや授乳室もご利用いただけます。

また、院内処方にすることにより、診察した医師がお薬について説明しますので、処方の目的等をお伝えすることができます。また、お薬の種類や量を変更したいという希望があった場合にも、その場に医師がおりますので、変更をスムーズに行うことができます。

検査設備

1.胸腹部X線(レントゲン)検査

肺や心臓、消化管など胸部や腹部の異常がないか調べる検査です。

2.視力スクリーニング検査

視力の悪い状態で止まってしまう“弱視”の原因となる斜視や屈折異常(遠視、乱視、近視、不同視)をスクリーニングする機器(スポットビジョンスクリーナー)です。検査は短時間で負担もなく、安全に行うことができます。①   お子さんと対面すると自動で検査が開始され、約2秒で検査は終了します。②   検査が終了し1分以内には結果がわかりますので診療時間内に結果をお渡しすることができます。