在宅医療 住み慣れた環境で生活できる

画像:在宅で診療を受ける患者

医師が定期的に自宅まで訪問いたします。 皆様が安心して在宅療養生活が送れるよう、一年365日、24時間サポート体制をとっており、どんな些細なことでも相談をお受けします。最期まで自宅で過ごす、自宅で最期を迎える、地域に密着した温かい医療を提供できるように心がけています。

充実のリハビリ体制
(自宅で不安なく過ごすために)

画像:リハビリ中

私たちは、皆様が住みなれた住まいで安心して暮らしていただける様、在宅復帰を応援します。医師の指示の下、作業療法士、理学療法士、管理栄養士等が在宅生活の維持、復帰を目指し、個別に目標設定を行い、機能訓練を実施していきます。病棟でのリハビリから、退院後には通所リハビリ、訪問リハビリを利用し、退院後にも安心した生活が送れるようにリハビリ専門職が関わっていきます。

3つの入院機能
①リハビリ(機能回復)
②看取り
③レスパイト(介護負担軽減)

画像:病室

ハートクリニック南山口では、リハビリにより機能回復を目的での入院、自宅ではなく最期を医療が整った環境で看取りたい、自宅での介護負担を軽減したい、この3つの機能を有した病床を確保しています。患者様、ご家族様の状況に合わせた病床でご利用ができます。医療型ショートステイについては1泊二日からご利用が出来ます。地域の方々の「困った」に対応できるように地域に根ざした医療を提供していきます。