1. トップ
  2. 医療
  3. あんの循環器内科
  4. もの忘れ外来

もの忘れ外来とは

最近、もの忘れがひどくなったと思われることはありませんか?
そんなご不安のある方は、一度専門の医師の診察をおすすめします。
現在、あんの循環器内科では、山口大学神経内科川井元晴准教授のもの忘れ外来を行っています。

もの忘れ外来の対応

  1. 本人、家族に「もの忘れアンケート」を記入していただきます。
  2. 「もの忘れアンケート」をもとに問診と脳のテストを行い、診察日までの準備を行います。
  3. 山口済生会病院で頭部MRIの検査の予約を行い、検査後、その情報をもとに診察を行います。
  4. 診察の際には、医師により、本人や家族より現在の状況や困っていることについて話をお聴きした上で、薬による治療や接し方について具体的に説明を受けることが可能です。

川井医師の診察の介助にあたり、感じることは、患者様やご家族の話を傾聴されることです。そして、患者様、ご家族それぞれの立場でその方にあったアドバイスをされます。
特に、アルツハイマー病の初期には、もの忘れ(記憶障害)や日時や場所の見当識障害が見られることが特徴です。
「最近、よく日にちを間違えるな」、「ものがないと探すことが多くなってきた」と日常生活で感じることが多くなったときには受診をお勧めします。早期発見、早期治療をすることで症状を穏やかにすることができます。
また、パーキンソン病で不安な点や困っている点があればお気軽にご相談ください。

川井元晴先生プロフィール

川井元晴先生のプロフィールについては、医師紹介をご覧ください。

もの忘れ外来は予約制となっておりますので、ご希望される場合は、事前にお電話でお問い合わせください。

ページトップに戻る