1. トップ
  2. 医療
  3. 検査設備等

検査設備等 ~的確な診断から確実な治療へ~
(あんの循環器内科・ハートクリニック南山口)

心臓超音波検査(エコー)

イメージ

エコーのプローブを胸にあてて、心臓の大きさや動き、血液の逆流の有無などをみる検査です。

負荷心電図

狭心症が運動中に起こることに着目し、運動中ないし運動直後の心電図を記録します。また、冠動脈の異常があるどうかの判断にも有効です。

ホルター心電図

ホルター心電図とは?

小型で軽量の心電図を取り付け、長時間(24時間)に渡って記録し、解析するものです。みなさんが健診などで受けた経験がある心電図とはちょっと違っています。入院することなく普段の生活の中で検査が可能になります。

ホルター心電図でわかること

  1. 自覚症状と心電図との対応
  2. 不整脈の診断
  3. 心筋虚血(心筋の酸素不足)の診断
  4. 不整脈、狭心症などの治療薬を服用している場合の効果
  5. 心臓ペースメーカーの作動状況の観察

検査方法

  1. 病院で胸に電極を5箇所取り付けてテープで固定し、ポシェット又はストラップで携帯します。
  2. 帰宅後、普段どおりの生活をしていただきます。(検査中は安静にするのですか?という質問が多くありますが日常生活中の病状把握のため普段と同じ動作、生活を心がけましょう。)
  3. 翌日(24時間後)来院し、ホルター心電図を取り外します。
  4. 約1週間後に解析結果の説明を受けます。

モニタ機能付き

イメージ

最新式のホルター心電図を導入していますので、「検査の日にお風呂に入れない?」というこれまでの常識を覆し、普段と同様にお湯につかることやシャワーを浴びることが可能になりました。45℃以下のお湯であれば30分未満の入浴が可能です。防水構造で、入浴時の心電図記録が可能となり心疾患の原因となる重要な手がかりを見逃しません。

携帯方法も選べます。

一つは、ネックストラップで首から提げる方法です。首から提げて腹の中に携帯することが出来ます。外から見てもほとんど変わらず、着替えの邪魔にもなりません。もう一つは、ポシェットで腰につける方法です。腰ベルトを通したポシェットに入れば、腹の上から携帯でき、両手が自由に使えます。
動悸息切れや不整脈などお持ちの方は遠慮なく医師や看護師にご相談ください。

CT検査

イメージ

最新鋭16列マルチスライスCTを導入しています。このCT装置では、1度に16枚の画像を撮影でき、撮影にかかる時間が短縮化されるため息止め時間が短くなり胸部CT検査では約10秒程度と、従来よりも楽に検査を受けて頂けます。

イメージ

また、通常検査で厚さ1mmの画像が撮影できるので、高性能の3Dワークステーション機能で処理を行うことで高精細な3次元画像や、任意断面再構成(MPR)画像を短時間で作成し、細かな病変を見つけやすく、精度の高い画像診断が可能となります。更に、体型に応じて最適なX線量に調整する機構や、最新の画像処理技術によって検査被ばくを軽減できます。

ページトップに戻る