自分と家族のために

健康で豊かな毎日を送れるよう、特定健診(特定健康診査)を受けましょう。

特定健診とは、心臓病や脳卒中、糖尿病などその生活習慣病の原因となる内臓脂肪症候群(メタボッリクシンドローム)を調べるための健診です。生活習慣病は自覚症状がないまま、じわじわ進行していきます。健診結果から、特定保健指導が必要と認められた方には、専門のスタッフが食事等のアドバイスを丁寧に行います。

特定健康診査
(特定健診)

内容: 問診、身体測定、血圧測定、血液検査、尿検査、心電図等
対象: 40~74歳
期間: 受診券をご確認ください。
料金: 受診券をご確認ください。
持参物:
  1. 特定健診受診券
  2. 質問票
  3. 国民健康保険被保険者証
  • 毎年5月末に各市町村から受診券が郵送されます。

後期高齢者医療制度の
健康診査

生活習慣病の早期発見により、適切に医療につなげることを目的とし、毎年1回被保険者の皆様に受診券が届きます。

内容: 問診、身体測定、血圧測定、血液検査、尿検査等
対象: 後期高齢者医療制度に加入されている方(75歳以上)
期間: 受診券をご確認ください。
持参物:
  1. 健康診査受診券
  2. 質問票
  3. 後期高齢者医療被保険者証
料金: 受診券をご確認ください。
  • 毎年4月末に各市町村から受診券が郵送されます。

特定保健指導

画像:保健指導をするスタッフ

特定健診の結果に基づいて、特定保健指導を実施しています。特定保健指導にはメタボリックシンドロームのリスクが出始めた方へ「動機付け支援」、メタボリックシンドロームのリスクが高くなりそうな方へ「積極的支援」の2つのメニューがあります。
生活目標を決めて、生活習慣が改善できるようアドバイスをしていきます。一人ではなかなか継続できない方も、健康状態の改善に向けて保健師や管理栄養士と一緒に取り組んでみませんか。

サービスが受けられる施設一覧