1. トップ
  2. 介護
  3. はじめての方へ

介護サービス一覧

はじめての方へ

青藍会グループでは、入所、通所介護、訪問介護、居宅介護支援などトータルで介護保険認定者をサポートする体制が整 っております。 初めて介護サービスをご活用される方も、トータルでサポートすることが可能です。
ここでは、一連の手続きの流れをご紹介させていただきます。

実際に、介護サービスを受けるには?

相談イメージ

介護サービスを受けるためには、
要介護認定を受けることが必要です。
手続きは以下の流れとなります。

行政での手続き

①市区町村での申請
山口市の場合、市の担当窓口で申請します。
※申請の際には、介護保険被保険者証が必要です。
また、40~64歳までの人(第2号被保険者)が申請を行なう場合は、医療保険証が必要です。

↓

②認定調査
市区町村等の調査員が自宅や施設等を訪問して、心身の状態を確認するための認定調査を行います。

↓

③主治医意見書
主治医意見書は、全国共通の基準で市区町村が主治医に依頼をします。
主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診察が必要です。
おもに、疾病状態、特別な医療、認知症や障害の有無についての書類を作成していただきます。

↓

④審査判定
全国同一の判定基準で要介護度の判定が行なわれ、(一次判定) その後、介護認定審査会による要介護度の判定が行なわれます。(二次判定)

↓

⑤認定
介護認定審査会の判定結果にもとづき、市区町村から結果が通知されます。申請から認定の通知が届くまでは原則30日以内となっています。

↓

地域包括支援センターまたは居宅介護支援事業所での手続き

⑥介護(介護予防)サービス計画書の作成
認定を受けてから、介護サービスを利用するためには、介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要となります。
※要支援の判定を受けた方は地域包括支援センターに相談。
※要介護の方は居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)へ依頼します。
当グループでも取り扱いをしております。

最寄の施設はこちら

↓

⑦介護サービスの開始

相談イメージ

ケアプランにもとづいた、サービスが利用できます。

当施設のサービスはこちら

皆さまの「困った!」にお応えいたします。医療・介護・子育て・障がいの無料相談|お電話でのご相談・お問い合わせ|フリーダイヤル:0120-2-81056|受付時間:平日8:00〜18:00

介護サービス一覧

入所サービス

入所サービスとは、日常生活に介助を必要とされる方に、その方に応じた看護・介護・リハビリテーションなどのサービスをご提供し、在宅復帰を目指してサポートいたします。

入所サービス一覧はこちら

介護老人保健施設

介護を必要とする高齢者の自立を支援し、在宅への復帰を目標とした医師による医学的管理の下、看護・介護ケアのほか、理学療法士や作業療法士によるリハビリを行う施設です。

一覧はこちら

特別養護老人ホーム

65歳以上であって、身体上または精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とする方で、在宅において適切な介護を受けることが困難な方が入所する施設です。

一覧はこちら

ショートステイ(短期入所生活介護・短期入所療養介護)

ご家族の状況により短期間入所して、介護サービスをご利用される方へ食事や入浴、リハビリテーションなどのサービスの提供を行います。

一覧はこちら

グループホーム

認知症の利用者を対象にした専門的なケアを提供するサービスです。利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、食事や入浴などの日常生活上の支援や、機能訓練などのサービスの提供を行います。

一覧はこちら

住宅サービス

3世代同居が珍しくなった現在、高齢者世帯では独居老人や老夫婦二人暮らし、老々介護の方が増えてきています。そんな環境にいらっしゃる高齢者やご家族の方に対し、「少しでも安心出来る環境を」ということで提供させているサービスです。

住宅サービス一覧はこちら

サービス付き高齢者向け住宅

バリアフリー化等が施された住宅に安否確認・生活相談サービスがついたシニアの方向けの住宅のことを言います。

一覧はこちら

住宅型有料老人ホーム

生活援助や緊急時の対応、レクリエーションなどのサービスが受けられ、介護が必要な場合は、外部のサービスを利用しながら生活できる住宅のことを言います。

一覧はこちら

通所サービス

利用者が自宅で自立した生活を送ることができるよう食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りで行います。

通所サービス一覧はこちら

通所介護

利用者がデイサービスセンターなどに通い、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りで行います。

一覧はこちら

認知症対応型通所介護

認知症の利用者を対象とした専門的なケアを提供するサービスで、利用者が可能な限り自宅での自立した生活を継続できるように、事業所に通い、入浴・排泄・食事等の介護を行いつつ、認知機能の維持・向上を目的としたプログラムを提供します。

一覧はこちら

通所リハビリテーション

利用者が老人保健施設、病院、診療所などに通い、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどのリハビリを行います。

一覧はこちら

小規模多機能型居宅介護

利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の選択に応じて、施設への「通い」を中心とし、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せた日常生活上の支援や機能訓練のサービス提供を行います。

一覧はこちら

訪問サービス

利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、ヘルパー、看護師、リハビリ専門職などが自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援(生活援助)をします。

訪問サービス一覧はこちら

訪問看護

看護師などが疾患のある利用者の自宅を訪問し、主治医の指示に基づいて療養上の世話や診療の補助を行います。

一覧はこちら

訪問介護

訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援(生活援助)をします。

一覧はこちら

夜間対応型訪問介護

利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を、24時間安心して送れるように、夜間にヘルパーが利用者のご自宅を訪問します。

一覧はこちら

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

24時間365日ご利用者様の生活リズムに合わせた訪問介護・看護のサービスを行います。

一覧はこちら

居宅介護支援

ケアマネジャーが、介護サービスを利用するためのケアプランを作成し、そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡・調整を行う機関です。

居宅介護支援一覧はこちら

食事サービス

管理栄養士がたてた献立を、食品の酸化による劣化を防ぐ真空調理法によって調理し、青藍会内の各施設・事業所へ配送しています。

食事サービスはこちら

施設見学・利用相談はこちら!お問い合わせフォームへ

ページトップに戻る